×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Buono! LIVE 2012 “R・E・A・L”

2012/1/31(Tue)

土曜日は横浜ブリッツの「Buono! LIVE 2012 “R・E・A・L”」に行ってきた。

まだ所詮なのでノーネタバレでざっくりとした感想だけ残すと、セットリストはコンサバ路線(フランス公演を見据えて?)と過渡期(色々お試し)の組み合わせ、演出やセット・衣装など所々にコスト削減が見える、みやびちゃん体調イマイチかも(声の出方とか)、そしてももみや絡みだらけ。

過渡期な部分については、今後どうなっていくかに依るわけで、今の時点で良し悪しというのはないけど、予算面に関しては気になる。

そして最後の件なのですが、最近はももみやが普通に仲良すぎて物足りぬ……。言うなればツンデレではなく、ツンデレデレデレデレデレデレデレデレみたいな感じ。


ライブ中でも、みやびちゃんを放置プレーとか、みやが桃の犬になっている(意訳)とか、曲のフォーメーションでも絡みやすくしているし、更にはDVDマガジンの蜜月とかちょっと考えられぬ。

絡みがインフレすると、砂漠で水を見つけた時のような喜びがないと言うか、一発のインパクトが落ちてしまうのは否めない。

ただ、絡みの面では夏焼さん明らかに好調なんでね(体調は上に書いたように絶好調という感じはなかったけど)。

ももみやだらけと思いきや、良いタイミングで愛理にも絡むという、言うなれば愛理を焦らしてから召し上がるハンター夏焼の面目躍如みたいな場面もあるし。

DVDマガジンなんて、愛理に「今日は二人ラブラブでいいなー」と溜息をつかせる程だったから、これはもう恐るべし……。

そんなこんなで、まぁ夏焼さんのデレについては今後のツアーやハロショイベなどで推移を見守っていくつもりだけど、とりあえずカプヲタのご馳走は溢れているというのは間違い無いですわ。

関係ないけれど、トレカ写真も一枚だけ買ったら、ももみやだったわ。

あと、初回の昼公演は二階席(ファミリー)だったけど、開演前に左側1列が6席ほど空いていて怪しいなぁと思ったら、やはり℃-uteメンが入場して、あの有名みやヲタもはしゃいでいたという。
http://gree.jp/c_ute/blog/entry/622472510

そう考えると、楽屋裏も大変だったろうなー。

[2012/02/01/0:42]

メールレス

/|ハヽ
/|v ・) ジーッ
/|と[|)
/|__,ゝ
/|U


ハロプロ!TIME #40 夏焼雅Time にみやヲタ

2012/1/27(Fri)


昨日の「ハロプロ!TIME」は、久々に夏焼雅ちゃん。

バックステージ絡みではなく、屋外ロケものでのカメラは初だったと思うが、もうとにかくオシャレ番長が美しさの絶対基準すぎて目が離せなかったわ。

さて、テーマが「ハロプロメンバーと」という事なので、他の出演者が誰なのかもカプヲタ目線でも気になるところ。


まず最初に待ち合わせしていたのが、おかみさん……じゃなくて茉麻で、ベリの仲間でオトナなので、安心感(Not熊井ちゃん)があるのだけれど。


そこにもう一人合流した、踊ってみた常連の有名みやヲタ……の千聖は、最初離れた場所にいて、二人の後ろからこっそり迫ってくる登場の演出からしてもうアレでしたわ。

そしてみやびちゃん絶賛は当然としても、みやびちゃんの話が出るたびに反応し目にするものをみやびちゃんに絡めようとするなど、発言内容がまさしくヲタみたいなのが今回のハロタイのもう一つのポイント(と言うしかない)。

さて、合流した所でみやびちゃんの希望(本当に行きたい場所)は、実は待ち合わせ場所に指定したここ雷門ではなく、開業前のスカイツリーだという事が判明。

ここは、高いものなんて熊井ちゃんで見慣れているじゃないかというツッコミはやめておいて、取り敢えず移動。
(雅ちゃんの言うことはゼッタイ!なのでしょうがない)

すると都合よく登場した「二人乗りの人力車」を利用することになり、じゃんけんで負けた一人だけが乗れず、走って追いかけるという事になり……、

ここはみやびちゃんが負けて乗れずという結果に。

ただまぁ、こうなると番組的には主役が美味しい上に、千聖と二人きりになるのも阻止されたという事で、ある種の茉麻のファインプレーという事にしておきたい(結果オーライ)。


そして、案の定と言うかハァハァしながら走るみやびちゃんが見られたのはナイスなんだけど、途中からは24時間テレビのマラソンばりのワープを見せた模様。


(タクシーの乗りっぷりもイケメンだなぁと思う)

さて、わざわざ苦労して(開業前の)スカイツリーに来た目的ですが、実はライトアップ(紫)のパターン名「雅」にちなんだ高層パフェを食べる事だったという。

具体的なメニューはこちらだったんですが、

ヲタ飲みで居酒屋に入って「雅」とか「桃」とかメニューがあったら、こういう反応するよねわかる。

更には「私をイメージして作ったメニューですよね」とリアルで店員さんに聞いて、あえなく撃沈したりし、みやヲタが作っている厨房の様子を見ながら「みやびおいしそうだね(ニッコリ」と口にしたりしつつ……。

またもや(食べられるのは)二人だけという事で、今度はクイズゲームが挿入されたのですが、そこは夏焼さんがクールでスタイリッシュな作戦でクリア。

そして登場すると、素でデケェ……。

流石の高さに驚きつつも、まずは「尖っているトコロを上から噛じろう」ということになった次第ですが、茉麻のカメラとは別に、携帯でみやびちゃんを撮っている千聖のは私用にするんだろうな。

…・・と、そんなこんなで色々とヲタくさいけど、コーナーに一緒に出ると盛り上がることは盛り上がるよなぁとは思った。

最近のハロプロ内で多すぎるメンバーのヲタ(他のメンバーが好き)アピールには正直辟易するところもあるんだけれど、こと「岡井千聖の推してみた」に関して言えば、キモくて笑えるところが良いかなぁと思う(褒めているつもり)。

ショートカットみやびちゃんの美神っぷりも含めて、自分の中では満足できた昨日の放送でありました。

なお、来週の放送はこの3人で続きらしい。
みやびちゃんみやびちゃん。

明日からのBuono!ライブで、生で目にするのも楽しみである。

[2012/1/28/0:25]

メールレス

           ノノノハヽ   
          リ ・一・リ 
         ノつ ノつ   
 ダダダダダ   ミ三三彡 


チャカと9期とおかみさん

2012/1/26(Thu)

ブログの画像だが、れいなが面白い事やっていた(やられていた)。
http://ameblo.jp/tanakareina-blog/image-11145381613-11754219495.html

れいなの脚は自分も大好きなモノだけど、ナマタとかまぁちゃんって、変な揉み方をしそうで萌えるな。


さて、そんなモーニング娘。だが、明日は渋谷のタワレコでピョコトラの援軍(≒追加ドーピング)イベントをするらしい……。
http://natalie.mu/music/news/63365

初動(初日のオリコンデイリー)見る限り、高橋さんの存在は大きかったなと思わされる現状ではあり、恒例の数字の上積みに動いてきたなという感じ。

ただ、ぶっちゃけ主力メンバーの卒業の影響が出ないほうがオカシイわけで、更に若いメンバーが多く加入している今は過渡期、あまり慌てて無理をしない事を祈る次第。

会社的には目先を見る部分もあるのかもわからないけど、一ファンとしては買える範囲で買いつつも、長いスパンで期待していきたいところだ。

あともう一つ気になっているのは、10期メンバー加入後の活動がまずモベキマスで、年が明けたら今度はハロコン、そしてテレビのゲストもバラが多くて、新生モーニング娘。っていう「まとまった形」をあまり見ていない気がする事かな。

娘。ツアーも近づいているけど、その前にラボ(FCイベ)もあるので、リハーサルの時間が足りていれば良いけど……と思う。


さて話は変わるけれど「数学女子学園」の放送も、昨日で三回目。

個人的に注目のポイントはまず、ジャッジ鞘師りほりほなのですが、先週の「からしさやし」に続く今週は「チャカさやし」。

数学番長を目指す対決が「駆けっこ」なのはまぁ突っ込むのが野暮だとして、対決シーンになると颯爽と登場して、手には既にとスターターピストルが握られているのがぐう美味しい。


しかも、いざスタートのタイミングで「パーン」と口で言って、「今のは練習」と一度フェイントをかける小悪魔感も萌える。

ちなみにここでは、後方の桜田キュンのコケが早いのもポイント。

更には判定を下すシーンでも何故か踊ってから指差しとか、美味しさが進化してきていると思う。


なお胸の詰め物も進化(ry

そして美味しいといえば、今回のライバル役の大久保冬美(茉麻)と食いしんガールズ(9期without 鞘師)。

こちらは想像していた以上に、茉麻の存在が大きかったと言える(物心ともに)。

呼称が「おかみさん」だとか、「ごっつぁんです」と言いながら四股を踏む決めポーズとか、さゆに「だから太るんだよ」と言われるなど、良くも悪くも反響がありそうな役柄だったが、やりきった事は素敵で評価すべきものだと思う。

(ただ今日現在の実際の茉麻は痩せているわけだが、これが「キャラ作りのために太った」のではなく「ショックで痩せた」のかもと思うと複雑ですな……)


譜久村・生田・鈴木は、おかみさんに忠実だけどいたずらっ子の三人娘的な役だったけど、インパクト的には割を食ったかも。

とはいえ意味がない役というわけではないし、何だかんだ言っても、制服姿が美味しいのが学園モノの良いところだと思う。

あと、とんこつラーメンのネタなのに(同じ)地元人の筈のナマタが、奥で微妙な表情でラーメンを啜りつづけるという画は、個人的に妙にツボだった。



エンディングは温かいおでんで大団円で、来週は優等生軍団が登場する模様。

今回も楽しかったので、来週も期待して待ちたい。
(数学要素が有るか無いかは、もう予想もつかない)


桜田キュンがエンディング間際に口にした「腹が立つほどくだらないのに、なぜか涙が出る」というのは、ある意味、このドラマの核心を突いている感想だと思う。

ところで番組の公式ページの相関図が更新されており、佐保ちゃんと桂林ちゃんさんの位置も判明した。
http://ntvg-tv.jp/sj/chart/index.html

見た感じは佳林ちゃんさんが真野ちゃんの下で、佐保ちゃんがアイリの虜のようだが、そう単純ではないかもしれない。

[2012/1/27/0:18]

メールレス

            /^l
     ,―-y'"'~"゙´  |
     ヽ   o ゚ ー ゚ ゙':
     ミ.         ミ.,
     ':;  ミ;,,.,.,)  (,.,ミ
     ミ        :;
    ミ゙゛';:, ~)   :,,  ~)
     `゙ "`'''~^"~'''゙"''"


サブカル鞘師石田/数学女子制服

2012/1/24(Tue)

昨晩からの雪で、朝になっても路面が氷でバリバリ夕張でしたわ……。

ただ氷がまな板ではなく舞美の腹筋状だったので走りやすかったのは幸い。
電車の運行も怪しいんで駆け足で駅まで行ったんですが、こちらの路線は何とかマトモな運行を維持していたので良かったわ。

ちなみに娘。マネのツイッター投稿によると、まぁちゃん(札幌出身)がこの雪を見て喜び、ナマタ(福岡出身)がはじめてに歓喜していたそうなのだが。
https://twitter.com/#!/MorningMusumeMg/status/161456449556459521

ぐう微笑ましい。
ナマタは、雪を見てはしゃいで駆けまわっていそう。 「歓喜する生田衣梨奈」っていう画は、すごく興味深い……。


そして、今ほど「あほやねん!すきやねん!」を見ていたけど、まぁちゃんといえばホントふとももも頭の中も雪のように真っ白で底が知れないのである。

なんというか、雪を前にしていたのが生田・佐藤だったというのは奇遇で、ホントその情景を見てみたかったなと……いうことで、写真がなかったのが惜しいわ。


昨日は、ここ最近目立っている感がある(ライブがあったからかも)二人、鞘師・石田がラジオ日本「立川志ら乃のサブカル天国」にゲスト出演。

自分は寒いので先に寝てしまってアレだけど、朝になって狼が盛り上がっているので見てみると、どうやらトークが面白かったぽいので、先ほど聞いてみた次第。

内容としてはざっくりとした自己紹介に続いて「お互いが相手を見ながらチャームポイントを言い合う」というテーマトークがあったのがポイント。

お互いそこまで慣れていないのもあってか、相手の顔を凝視して(メンチきりあってるみたいと言われ)つつ「(石田の)口が大きい」「(鞘師の)アゴがシュッとしている」のような搾り出したワードが繰り出される緊張感が面白かった。

あと、目がぱっちりしている話から「奥二重」の話題に展開するのも、なかなか興味深いところだったが(個人的には大好物だけど、鞘師の奥二重って重要ポイントで、好き嫌いを分けるポイントでもあるよね)。

それはそうと緊張感についてはまぁ、知りあってまだ日が浅いからこんなもので、別にこれで仲がどうとかの話まではいかないなぁと。。

むしろ最近はあまりにもメンバー間の「仲良し」アピールが多すぎるので、メンバー間トークはこのくらいのほうがタメになる感じもあったり。

自分がりかみきヲタ崩れなのもあるけれど、あんまり公式サイドからカップリングを強調されると気が抜けちゃうしなぁ……。

ちなみに、鞘師石田コンビは昨日はれいなと一緒に仙台にプロモーションに行っていたらしい。
http://ameblo.jp/tanakareina-blog/entry-11144084761.html

それにしても最近はFCのWebトークとか雑誌その他のメディアでもそうだけど、9・10期で色々コンビを組み替えて仕事をする機会が増えている印象。

今後を見据えて、相性とかバランスを見極める意図もあるのかなと思ったりもするけれど。それはそうとして、こちらとしてもこれは関係性を学ぶ良い機会である。


個人的には、りほりほ目線のコンビと言えば、まずは生田鞘師(なまさや)好きなのではあるけれど。この二人はタイプが違うので競合しないというか、初期のUstトークの頃から最近のりほれりゲストでもそうなんだけど、意外とマッタリな空気になるのよね。

そういう意味では、今回の鞘師石田のコンビは流石に現時点では(上で書いたように)小手調べだけど、今後だとダンスなど路線で噛み合う分、真っ向からの絡み合いになると興味部会かもしれない(現状のフォーメーションを見ると、事務所さんサイドも意識させる仕掛けは考えていそうな気もするけど)。

他方、10期で言うと当初ライバル関係を想像していたくどぅーとは、UTBのグラビアではボクシングをしていたものの、実際の関係は自分の中ではまだまだ絡み方が見えていない状態……。

去年のうさPとかを聞く感じでも、まだ鍔迫り合いの段階って感じだったしなぁ。
というか、案外と気が合いそうな気もしなくもない。
いや、別に戦って欲しいわけでもないけどな。

あと鞘師佐藤のシュワポク・コンビというのもあるけど、こちらはモベキマスのイベントで北海道に行った時に感じた、鞘師が世話好きな姉で佐藤が底の見えない妹という感じのまま。

なお飯窪ちゃんとの絡みは、まだ印象に残っていない模様(ネットでは茶色サイリウムのネタばかり見てしまっている模様)。

そんなこんなで未だ入口に入ったばかりだけど、自分の中ではリアル仲が良い話とかは特に妄想が広がらないので、色々あったほうが有り難いなとは思ってる。

とりあえず今後も付いたり離れたりしつつ切磋琢磨していって、パフォーマンス面でも人間ドラマの面でもグループが底上げされれば何より。


日テレ系で好評放送中!ドラマ『数学女子学園』にCupop(キューポップ)の制服・スクールアイテムが衣装協力♪
http://cupop.cecile.co.jp/special/sj/

おいおい制服プレーか。

ヲタのコスプレに重用されそう。
最近の現場は、ますます女性ヲタさん増えてるからなぁ。

ただ、これでコンサートツアー中にマイマイさんあたりから「『男性の方』も女性の方も最終日はみんな制服を着てきてね」なんていう告知があったら、阿鼻叫喚ですよ。

そして、私立町田数学専門高等学校は伝説へ……。

[2012/1/24/23:05]

メールレス

川c ’∀´)


りほりほとマスタードと渋谷警備隊/ももち「脱いでみよ!(迫真)」

2012/1/20(Fri)

一昨晩は「数学女子学園」の二回目放送を見たのですが、初回を見て盛り上がった期待感は、今回も裏切られませんでしたわ。

まぁ、数学を期待したらアレですけどね!


細かいストーリーはぶっちゃけ置いておいて、今回の内容は警察マニアの渋谷真実こと舞美が逮捕しちゃうぞ美人で、10期メンバー4人が「渋谷警備隊」というつまるところ舞美の妹分でキャワワ。

言い換えると、渋谷まいみーに手錠かけられて渋谷警備隊に冷たい目で見られるプレーがしたいです。

そして、後半は鞘師りほりほの妙な貫禄を漂わせるジャッジっぷりと、罰ゲーム様にマスタードをホットドックに注ぎ込むSっぷりを楽しめた。



演技に気合が入っているというか、表情に気持ちがこもっていてイイネ!

ちなみに今回の対決シーンは、何故か桜田君の数学の出来(というか出来ないっぷり)を予想するというモノで、数学対決だか何だかわからなかったんだけど、そのあたり突っ込むのは野暮よね。


対決中に変顔するのも踊っているのも、そもそも罰ゲームがマスタードなのも何故かわからなかったけど、取り敢えず勢いよく突き進んでいく展開には奇妙な爽快感を感じたわ。


ラストには次回登場予定の面々が顔を覗かせ、これは来週も期待するしか無い。



そして、この日は「魁!音楽番付」のアイドル決定戦にBerryz工房の面々が登場。

以前出演時の「ももアタック」の評価は、相当高かったようなのだが。

それで、何故かアイドリングとスパガと「ももアタック」(尻相撲)のグループ対抗戦を繰り広げるという展開に。


ただ、肝心の対決シーンでなのでだが、勝敗そのものよりも目に焼き付く場面があった次第であります。

それは対決前に、本気モードの桃子がブーツを脱ぐところ。

そして、次の対戦者だった千奈美にも「脱いでみよ!」とアドバイスするのは、更なる名場面でしたわ。


何といってもアレ、ブーツと脚が好き(フェチ)なので残念ながら当然、俺らしい最期といえる。

そして、もうひとつ見逃せない場面が。
それは桃子が勝った時にすかさず前に出てきて、頭をポンポンとしていたみやびちゃんがぐう素敵だったという!

それにしても最近のももみや、どうしちゃったんだろうね。
絡みが強すぎると、かえって不安になってしまうのは否定できないんだが、ここしばらくは多少の周期はあるものの何だかんだ安定して絡んでるのよね。

このあたり、みやびちゃん的にも最近バラエティで攻めている桃子をフォローしなきゃっていう(年下だけど)お姉さん的な感覚と、更には食いつけば映るっていうアイドル的な嗅覚があったりするのかなぁとか。

まぁみやヲタでカプヲタ的には、そうだとすればダブルで美味しいわけだが。
取り敢えず、風向きとしては良いように感じている。

来月にはBerryz仮面ホワイトとオレンジのハロショイベントがあるのだけど、非常にタイムリーなので楽しみ。

[2012/1/21/03:24]

メールレス

ノノl∂_∂'ル<ツンツンツーン


石川梨華さん生誕記念の日(27th)の前夜

2012/1/18(Wed)

いよいよ石川さんの27回目の誕生日という事で、祝杯を上げつつ例年のようにサイト更新で使用したキャプチャ画像などをペタペタ貼りまくりながら、26歳の1年間を振り返る形で。

ただ(去年も似たようなことを書いたけど)更新頻度的に手持ち画像あまり多くない上に、多くのポイントで昨年末の「りかみきのまとめ」と被るというね……!

と言うことで、出来る範囲ではあるのですが、去年と同じように項目ごとに振り返る形で進んでいきたい。

■ ドリームモーニング娘。


まずは何といっても、26歳の活動はかなりの部分がこのユニット絡みだったと言える。テレビ出演・現場活動の双方で非常に意味が大きく、トピックの殆どがこのカテゴリに括れる状態。

現場という事では、まず何といってもコンサートを年間で40公演以上もやったというのは、予想外の濃さだったなぁとしみじみ思う(正直ドリムスの話を聞いた時点では、10年記念隊的なものを想像していた)。

色気担当に与えられた衣装が、胸元ぱっくりとそのままだったというのはちょっとアレ(チラリズムも欲しい)と思ったけれど、何事にも全力というのは変わりなく。
セットリストもガチで、その辺妥協を見せないのは石川さんだけに限らないけれど嬉しかった。

春ツアーでは残念ながら途中、広島公演で体調不良(顎炎&上顎のう胞)による離脱があったものの無事に復帰し、秋ツアーでは春以上に体が軽くなっていように見えた。

ドリーム モーニング娘。 石川梨華に関するお知らせ
http://www.helloproject.com/news/1105211235_hello.html

他には、これはドリムスではなくOG名義の場合もあったが「愛は勝つ」プロジェクトの一員として、チャリティ活動にも参加。

4/9 “東日本大震災救援「がんばろうニッポン 愛は勝つ」〜From Yokohama with love〜”チャリティーイベント

5/28「がんばろうニッポン 愛は勝つ」チャリティーイベント+歌披露・クリネックススタジアム宮城

更にはメディア関連、特にテレビ番組にもドリムスとして出演することが増加。
取り敢えず画像が見つかった分なので全部ではないけれど、例えば……

1/31 日本テレビ系「PON!」に飯田・保田と

4/25 TBS系「カミスン!」

6/25 フジテレビ系「わがまま!気まま!旅気分」に保田と

7/16 フジテレビ系「音楽の日」

8/20-21 日本テレビ系「24時間TV34」で黄色いTシャツプレー

そして12/7 フジテレビ系「FNS歌謡祭」は現役メンバーとの共演ということで、お互いの位置づけの点では、色々考えさせられる事もあったけど、ドリムスとしてはクライマックスの晴れ舞台だったと言えると思う。

また、諸事情あるもののドリームっぽいOGである後藤さんとの交流も、ひとつ重要なポイントだった(若しくは今後への伏線?)

年が変わって先日の日本ガイシでのライブは大成功だったと思うが、これから先ドリムスとしては3月の武道館で一部完の以降は見えていないわけで、石川さんにとっても影響は大きい筈で、ある種のターニングポイントになってくると思う。

■ HANGRY&ANGRY-f

8月に1stシングル「レコンキスタ」のリリース、そしてそれに合わせたテレビ出演とライブ活動があった。

ただ、恐縮なことにりかみきヲタとしては曲は良いと思いつつも、絡みにはあまり熱心でないのが現状だったりする……。

■ 個人の活動

2011年はドリムスの活動があった反面、例年いくつかあった舞台活動は無かった。(今年は「細雪」が予定されているhttp://www.misonoza.co.jp/performance9.html

テレビ関係では、まず去年に続くドラマ「釣り刑事2」

実力派俳優と共演する中で石川さんらしい全力の演技を見せられるのが大きい。視聴率も好調だったそうなので、また次回作もあるんじゃないだろうかと思っている。

その他バラエティ方面でも、特に3月〜6月頃にゲストの仕事が多めだった(上に挙げたドリムスでの出演の他に、ソロでの出演も結構あり)。

3/5.19.26 テレビ朝日系「朝だ!生です旅サラダ」に数回出演(アルゼンチンへの旅)

3/10 日本テレビ系「秘密のケンミンSHOW」

5/24 日本テレビ系「ZIP」

6/11 テレビ東京系「土曜スペシャル 〜誰でも入れる!社食&学食&公共の食堂〜」

また、これも石川さん縁のある野球関係では、ファミスタオンラインの全国トーナメントイベントにゲストとして参加したのが、予想外で面白かった(10/23)。

石川梨華 元巨人軍 槙原寛己さんとのファミスタ対決に夢のよう!
http://www.girlsnews.tv/30666

あとブログ活動では、それまではYahoo!モバゲーで更新しており、りかみきネタでは大いにお世話になったいたのだけれど、最近の事務所の潮流にのったのかどうか、11月9日の11時9分よりアメブロに公式ブログを開設。

石川梨華オフィシャルブログ「Happy」Powered by Ameba
http://ameblo.jp/ishikawa-rika-official/

いずれにしても引き続き生の情報と、そしてメンバーとの絡みネタを期待していきたい所存であります。

■ (おまけ)コラボレーション


前述の「FNS歌謡祭」では、以前から石川梨華ファン(というかマジヲタ)として話題に出ていた柏木ゆきりんと接触する場面があり。この絡みは微笑ましいし、お互いにハッピーで良いんじゃないかなぁと思ったので、取り上げた次第。

ドリムスは立ち位置的に遠慮が少ない分、他のアイドルとも絡みやすいというのはある気がする。

……と更新が終わってサイトをアップする頃には、日付も変わっていたという事で、改めてお誕生日おめでとうございます。

[2012/1/19/0:45]

メールレス

リカ━━━━━━≡^▽^)≡^▽^)≡^▽^)≡^▽^)≡^▽^)━━━━━━!!!!!


ごごたま雅/ハロタイまのさや/おめでとう!CBC60thコンサート

2012/1/17(Tue)

我が大正義埼玉帝国の国営放送ことテレ玉で、昨日放送された「ごごたま」がみやびちゃんみやびちゃんすぎた。

そして、みやびちゃんみやびちゃんってばメンバー紹介で「リーダーとして頼りない」「年下にコーラスさせる」などノリノリな上に、「ゆるしてにゃん」を実演してから照れ隠しっぽくニヤけるとか、ツンデレラレボリューション発動しすぎだろ。

本人がいればツッコミ役固定になるだろうから、ある意味「桃子がいないから出来るみやもも」という感じである。

更にはウィンクや自作アクセサリの紹介など、10分近く時間があって非常に美味しかった。


みやびちゃんが可愛すぎて恐るべしだわ。

それにしても、みやももは隠れカプのつもりだったけど、最近はBuono!ライブ絡みの記事や公式動画などでも積極的なんだよなぁ。

Buono!『メンバーの意外な一面を暴露…!? 2012年の抱負も語る!』-ORICON STYLE
http://www.oricon.co.jp/music/interview/2012/buono0116/index.html

筋肉がすっごい!って、触りまくってるみたいだよみやびちゃんみやびちゃん。


先週のハロタイは、真野・鞘師が「合羽橋デート!?アイドル食品サンプル作り対決!」を番組通しでやるという、二人的には恵まれた構成。

内容としては、頼れるけどドジっこお姉さん真野ちゃんとそつがない鞘師ちゃんという感じで、共通の趣味「食品サンプル」作り対決そのものはりほりほ勝利で終わったのですが、コーナーのMVPとしては真野ちゃんだろうな。

とても絡みやすいし、盛り上げ役もこなす素敵なお姉さんでした。


それにしても、ロウを小刻みに垂らすってシチュエーションには萌えたのう(帰れ)。


あと鞘師りほりほの今の髪型は、前髪が重たく見えて顔の造作とのバランスも悪く感じるのだけど、どうなんだろうね。


さて、先週の金曜日は、名古屋は日本ガイシホールのドリムス出演「おめでとう!CBC60thコンサート」に行ってきたので、ざっくりと書き残し。

日本ガイシホール(名古屋総合体育館)といえば、2000年代前半に娘。コンやハロコンで使っていた大きなアリーナ会場なので、正直どのくらい埋まるのだろうかと思っていたのだが。

行ってみると会場前に食べ物の屋台があるわ、駅の方からは次々と非ヲタっぽい人々が来るわ、あれだライブレボリューション21の頃のような空気が……。

そして、開演の頃にはスタンドの上まで埋まっていたのは感動してしまった次第。
FC枠のチケットは、アリーナの前の方だけっぽかったのもリアル。
メンバーも公演中に、お客さんの多さについての感動を再三述べていたのは然もありなん。

メンバーの過去の知名度もあるだろうけれど、気軽に立ち寄れるチケット価格(2,980円)と大正義スポンサー(CBC)の組み合わせは、集客にだけ絞って考えると一つの解なのでしょうな。

ライブ(イベント)の内容としては予告通り、まず前半(第一部)が架空ラジオ番組「ちゃんちゃかヨッスィー」公開放送。

これは、まずいしよしが登場して番組スタートのジングルからそれっぽく、そして導入トークの後は若い方から二人ずつ順にメンバーを呼び、関連のある投稿ハガキを読みながらフリートークという形。

メンバーも言っていたけど、数千人の大会場でラジオの生収録という趣向はそうあるものではなく、プレッシャーもあったと思う。

ただトークは年の功があるメンバーが多く、既知の情報も多いし場がもたせられるので、非ヲタ現場でも安心感。中澤さんの年いじりと、ヤスいじりは鉄板。そして「中澤さんが怖い」的なネタから、安倍さんが「裏なっちと言うよりSなっちです」と言うネタに広がっていくのもお約束。

更には年の功に関係なく、キャラが飛翔している小春がいるのもバランスが良く、いつもどおりのドリムスが出せたんじゃないかなと思った。
(ちなみに小春はまた痩せていたけど、胸の詰め物は飯田さんくらいあった)。

なお、途中で現役娘。にしてCBCパーソナリティこと道重さゆ映像の乱入もあり。

そして後半(第二部)は、短縮版セットリストのスペシャルミニライブ。

セットリストは序盤がハピサマ・ミスムン・サマナイ・モーコー、中盤にセクボとあっと驚くを挟んでからピース・恋レボ・ラブマというラストスパート。

一部を除き往年の有名曲に絞ったのは、現場の客層的にも丁度良かったと思う。

ただ、それだけにアンコール曲が青空だったのは外した気がしたり……。

会場の雰囲気的にはアンコール前のラブマで〆だったので、アンコールで出す曲が無いんですよね。恋ダン・ピース・恋レボにして、アンコールにラブマの方が良かったんじゃないのかなぁとか。

とはいえ、何にせよ久しぶりに大会場のコンサートを堪能出来たのは大きくて、非常に行った甲斐があったなと思います。

[2012/1/18/01:10]

メールレス

ルρ’ー’リρ<ゆるしてにゃん♪ ノノρ∂_∂'ルρ<みゃん